スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

<番外編>シンガポール出張レポート その1

ご無沙汰しております。
ニューヨークとは全く関係ないのですが、シンガポールに学会出張に行ってきました。
せっかくなので、そこで見たものや食べた物をここにレポートしようと思います。

IMGA0201.jpg

↑今話題のマリーナベイサンズからのリバーサイドの眺め。小さくマーライオンが映っています。


今回の目的は第11回アジア栄養学会議(XI Asian Congress of Nutrition)という学会に参加することでした。
ACN1.jpg

自分の発表はなく、アジアにおける栄養の取り組みの状況に関する情報収集が主な目的。
開催国のシンガポールを始め、マレーシア、インド、中国、香港、台湾、韓国、タイ、ブルネイなどアジア各国から参加者が集っていました。
この学会は4年に1度開催されているのですが、この次が日本(横浜)で開催ということもあり、日本からもたくさんの参加していました。

学会初日は学会(厳密に言うとスポンサー企業)が提供しているランチをいただきましたが、いまいちでした。。。
ACN2.jpg

会場内には企業展示ブースがあり、休憩時間にそこにちょっとした料理、お菓子、飲み物が出るのですが、その種類が豊富でした。下の写真はプチフール。ドラゴンフルーツが載っているのが、南国ならでは。
ACN3.jpg

企業展示ブースの中にあったのが、シンガポール保健省の関連機関であるHealth Promotion Board(ヘルスプロモーション委員会)のブース。
HPBが取り組んでいるHealthier Choice Logoに関する紹介をしていました。
これは、どの商品が健康的なのか一般消費者にとってわかりやすいように、健康的な商品には赤丸のロゴ(Healthier CHoice Logo)を付ける取り組みをしています。
食品によって、その「健康的」の基準が定められていて、飽和脂肪、トランス脂肪、ナトリウム、砂糖などが一定量以下である、あるいはカルシウムや全粒粉穀類が一定量以上である場合に、このロゴが付きます。
ACN4.jpg

これはトランス脂肪酸がない商品に付くロゴ。
ACN5.jpg

マーガリンに表示されている例。
ACN6.jpg

これはほんの一例ですが、今回の学会では、日本以外の国が健康的な食生活を促進するために、どんな政策を作り、どんな取り組みを行っているのかについての情報を沢山収集することができました。

初日の夜は、「ア・ホイズ・キッチン(Ah Hoi's Kitchen)」にシーフードを食べに行きました。

Satayや春巻きなどの、アペタイザー。
Day1_1.jpg

チリ・クラブ。店内にある水槽から蟹をとり出し、調理した、新鮮な蟹とチリソースの辛みと卵のまろやかさの組み合わせが絶妙。
Day1_2.jpg

その後場所を変え、マリーナベイサンズへ。
ソフトバンクのCMにも出ていた、新しい商業施設です。夜景を楽しみ、滞在1日目を終了しました。
Day1_3.jpg

ちなみに、今回Penninsula Excelsior Hotelというホテルに滞在しました。
シンガポールはホテルがとても高いのですが、ここは駅からのアクセスがいい割にはリーズナブルでした。
学会場までは徒歩15分でしたが、地下道があったので、特に問題はなかったです。
部屋も当初予約していた部屋よりもランクアップしてくれて、とても広い部屋でした。
IMGA0015.jpg

スポンサーサイト
[ 2011/07/13 21:56 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
アクセス数
チーム・マイナス6%

banner_rectangle.jpg

プロフィール

Kumi

Author:Kumi
2005年から約2年半ニューヨークに留学していた時のブログです。
現在は日本在住のため定期的には更新していませんが、旅行でまたNYに行く機会があれば突然アップするかもしれません。
ご意見・お問い合わせはkumislogny☆gmail.com(☆→@に変更してください)までお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。