スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

セロリールートとポテトのピューレ風スープ

以前買ったスープの本を参考に、セロリールートとポテトのピューレ風スープを作りました。
このスープに使った野菜はほとんどユニオンスクエアのグリーンマーケットで買いました。
Celaric_Leeks.jpg

上の写真左はセロリールート。別名セルアリックとも言います。
日本になじみの少ない野菜ですが和名はカブラミツバというそう。セロリの仲間でセロリ根と呼ばれることもありますが、実際は根だけを食べる別品種。名前どおりセロリに似た味と香りですが、セロリよりも繊細な味わいで、熱を加えるとよりまろやかな香りに。食感はかぶに似ています。フランス料理やイタリア料理ではサラダや煮込み料理としてよく使われるそう。ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維が豊富に含まれています(詳しくはコチラコチラ)。

写真右はリーク。西洋ねぎ、ポロネギ、ポアロとも呼ばれます。
以前にも紹介したことがありますが、ねぎの1種です。日本の長ねぎより太くて短い。白い部分だけを利用し、加熱すると甘みが増し、煮くずれしないのが特徴。冬が旬の野菜です。ビタミンB2、B6、鉄分、葉酸などが豊富。こちらもフランスをはじめヨーロッパでよく使われる食材ですが、最近では国内産も出回っているようでコチラでは新顔野菜として紹介されていました。

どちらも日本ではあまりみかけない野菜ですが、ニューヨークではファーマーズマーケットの他、普通のスーパーでもよく見かけます。


作り方は、あらみじん切りにしたリークをバターでよく炒め、角切りにしたセロリールートとじゃがいもを入れさらに炒め、チキンストックを入れ、野菜がやわらかくなるまで煮、あら熱をとったところでハンドミキサーでがーっとピューレ状に。塩&コショウで調味、といたって簡単。
できあがったスープにはローズマリーを飾りにのせてみました。
CLsoup.jpg


味は、、、思ったよりセロリくさい。
レシピではセロリールート1個、リーク2本、じゃがいも2個のところを実際にはリークとじゃがいもはそれぞれ1個ずつにしたからかな。たくさんできても仕方ないと思ってこうしたのだけど、それがまずかった。。。セロリが嫌いではないので、こういうものだと思って食べれば食べられるけど。
ま、これも勉強のひとつですね(苦笑)。
スポンサーサイト
[ 2008/01/14 23:59 ] おうちごはん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
アクセス数
チーム・マイナス6%

banner_rectangle.jpg

プロフィール

Kumi

Author:Kumi
2005年から約2年半ニューヨークに留学していた時のブログです。
現在は日本在住のため定期的には更新していませんが、旅行でまたNYに行く機会があれば突然アップするかもしれません。
ご意見・お問い合わせはkumislogny☆gmail.com(☆→@に変更してください)までお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。