スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

老舗バーで食べるバーガー@Corner Bistro

cornerbistro2.jpgこの夏のテーマのひとつが“バーガー巡り”。Foodies仲間、M子さんとあれこれNYでおいしいと評判のバーガーを食べ歩いています。

これまで、Burger JointShake Shackに行きましたが、第3弾は“Corner Bistro”。NYでおいしいバーガーを食べられる店として、名が挙がらないことはないくらい有名なお店。とは言ってもここはバーガー屋ではなく、100年以上歴史がある老舗バーで、夜の8時ごろ行ったら、ビール飲みながら、野球観戦しながら、バーガー注文の順番を待っている人たちでごった返していました。

待つこと約20分。
席に案内され、名物の“Bistro Burger”を注文し、出てきたのがこちら。
cornerbistro1.jpg
                (この写真はM子さんご提供。ありがとうございます☆)

まず肉のボリュームがすごい。でも臭みもなく脂身も少なめで、周りはこんがり、中はジューシー。ひと口目を食べた時に、今までの中で一番おいしいかも♪と思いました。カリカリに焼いたベーコンもいい仕事をしています。店内はにぎやか、というかうるさいくらいだったし、結構待たされたけれど、それでもNYに来たら一度は食べておくべき、とおすすめしたいバーガー。

これまでの3店を比較すると、①Corner Bistro、②Burger Joint、③Shake Shack、というのが私とM子さんの共通の見解。ちなみに私の手元にある2006年版ザガットサーベイでは②①③の順でした。夏はそろそろ終わりに近づいていますが、まだまだバーガー探しの旅は続きそうです。。。

*Corner Bistro*
331 W. 4th St(corner of Jane St & 8th Ave)
New York, NY 10014
212-242-9502
スポンサーサイト
[ 2007/08/30 13:38 ] レストラン&カフェ | TB(0) | CM(0)

ブログ2周年は寿司でお祝い@Jin Restaurant

☆今日はブログ開設2周年記念でした☆

だからというわけではなかったのですが、このブログに載っているレストラン&カフェに一番一緒に行っているであろうマイコちゃんとJin Restaurantというお寿司屋さんでランチをしました。

Jinは中国系のオーナーが経営している寿司レストラン。日本人以外の人が経営している寿司レストランて安いけどあまりおいしくないことが多いのですが、ここはまあまあの値段でなかなかおいしいお寿司が食べられます。このレストランがあるのはちょうどローワーイーストサイドとチャイナタウンの境目あたり。お客さんも中国系が多いのかと思ったら、夜はアジア系以外の人で多くにぎわっているそうです。
[ 2007/08/28 13:21 ] レストラン&カフェ | TB(0) | CM(0)

アーミッシュが住む街―ペンシルバニア州ランカスター

フィラデルフィア市郊外アービントンからさらに西へ1時間半ほど行ったところにあるランカスターへ1泊旅行に行ってきました。ランカスター近郊は、ペンシルバニア・ダッチカントリー(Pennsylvania Dutch Country)と呼ばれ、18世紀はじめに迫害から逃れるためにドイツなどから移住してきたドイツ系移民者が多く住んでいます(ダッチは通常オランダ人という意味ですが、ここではドイツ系移民のことを指します)。特にキリスト教の一派であるアーミッシュと呼ばれる人々が多く住んでいることで知られている街。アーミッシュとは現代の技術による機器を生活に導入することを拒み、簡素な自給自足生活を営んでいまる人々のこと。電気、電話、ガス、水道を使わず、車の代わりに馬車で移動し、トラクターではなく牛や馬を使って広大な畑を耕し、風車や水車を使って水を家の中に引き入れます。ただし電気は使わないとは言っても、風車や水車によって蓄電池に充電した電気は利用しているそうです。服装も決まっている色やスタイルのものを着ています。

ランカスターはずいぶんと観光化していて、宿泊施設、レストラン、ショップ等が立ち並んでいますが、アーミッシュの人々はその中でも自分達の生活スタイルを貫き、同じコミュニティの中で共存しています。例えば、道路には車やトラックと共に馬車が走っています。
Lancaster1.jpg



[ 2007/08/25 13:06 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

思い出の地へ

NY観光を4日間満喫した後は、車を借りてNJ Turnpike→PA Turnpikeを走ること約2時間。17年前、まだ私も妹も小学生だった頃に家族で住んでいたフィラデルフィア市郊外にあるアービントンという町を訪れました。

よく行ったモール。
なじみの深いお店はほとんど姿を消し、NYでも見かけるお店がたくさん入っていました。
20070826232509.jpg


住んでいた家。
増改築されていて大きくなっていました。なんだか懐かしいような、そうでもないような不思議な感じ。
417.jpg


通っていた小学校。
ここが一番変わってなかった。
McKinley2.jpg

休み時間にいつも遊んでいたグラウンド。
McKinley1.jpg


その後、当時から家族ぐるみで親交のあった友人Grace宅へ。私は高校1年の時、大学1年の時、そしてNYに来た年の冬にアービントンを訪れていたのでGraceにもご両親にも会っていたのですが、うちの家族とGrace家族は実に17年ぶりの再会となりました。限られた時間でしたが一緒に食事をし、積もり積もった話をし、とても楽しい時間を過ごしました。17年経った今もこうやって歓迎して迎えてくれる人たちがいるということはとても幸せなことだなと感じました。

今回、昔住んでいた地を再訪して、のどかでいい地域に住んでいたんだなと再確認したと同時に、たった1年間という短い期間だったけれど、その間に会った人、行った所、見たもの、などなどが私達家族にあたえた影響は本当に大きかったのだなと思いました。特に私はあの1年がなかったら今アメリカにいなかったと思うし。この場所に家族そろって訪れることができ、とても思い出に残る1日となりました。

[ 2007/08/24 13:55 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

家族とペルー料理@Pio Pio Salon

日曜日から1週間ほど家族(父、母、妹)がNYに遊びに来てくれました。最初の4日間はNY観光。フリマに行ったり、美術館に行ったり、買い物したり、ミュージカルを観たり。ミュージカルはマンマミーアを観たのですが、おもしろかった~。日本で劇団四季の公演を観たことがあったのですが、迫力も歌声も違う。また観たい!と思いました。

ところで、食いしん坊揃いの我が家にとって1日3度の食事に何を食べるかもとても大きな問題で(笑)。家族の意見を取り入れつつ、その日のスケジュールや場所を考慮しながらお店を選びました。行ったのは、、、
Good Enough to Eat
○Pio Pio Salon
Zabar's
River Cafe
Ess-a-Bagel
Lombardi's
Le Pain Quotidien
Sevilla
Serafina

ほとんど私が以前に行ったことのあるお店だったのですが、唯一初めてだったのがペルー料理レストランのPio Pio Salon。このブログでも何度か触れているペルー料理を見て(ココとかココ)、日本ではなかなか食べられないので、ぜひ食べてみたい!という家族の希望により、NYのペルー料理に詳しいYRさんイチオシのPio Pio Salonに行くことに。ちょうど家族が滞在しているホテルから徒歩圏内ということで、NYに到着した日の久々の家族4人揃ってのディナーとなりました。
              piopiosalon1.jpg


[ 2007/08/20 13:15 ] レストラン&カフェ | TB(0) | CM(0)

セントラールパークでピクニック!

かねてから企画を温めていた、セントラルパークでのピクニックを遂に決行しました。去年高校の友人を中心に5人くらいでやって楽しかったので、今年は友達も呼んでわいわいみんなで食べてみんなで遊びたいねということで、インビテーションも作ってそれぞれの友達も呼んだところ、ちゃんと数えていないけれど総勢約30人が集まるビッグ・ピクニックとなりました。

前半は食べて飲んでが中心で、参加してくれたみんながたくさん食べ物や飲み物を持ってきてくれたおかげで途中買出しに行く必要もなく、おしゃべりしながらまったりと。後半はツイスター、バドミントン、フリスビー、キャッチボールなど各々好きな時に好きなアクティビティを。

P1010146.jpg


このところ天気が崩れることの多いNYですが、この日は1日お天気に恵まれ、とても楽しいピクニックとなってよかった♪またやりたいなー。

なんだかNYの夏もそろそろ終盤に差しかかり寂しい限りですが、残りの夏も満喫しないとね。

ピクニックに参加してくれた皆様どうもありがとう☆

イタリアン・スウィーツ@Ferrara

NY生活2周年を迎えたその日は、今NY滞在中の高校友人MREちゃんと、同じく高校友人でNY在住ダンサーMNと3人で、ランチ&デザートを食べながら楽しいひとときを過ごしました。

チャイナタウンのJoe's Shanghaiで小龍包を食べた後、リトルイタリーに流れ、1892年創業の老舗イタリアンカフェFerraraへ。イタリアのジェラートやケーキがおいしいカフェです。
           ferrara1.jpg

[ 2007/08/17 13:48 ] レストラン&カフェ | TB(0) | CM(2)

NY生活3年目突入!

今日でちょうどニューヨークに来てから2年が経ちました。
当初、私のニューヨーク留学生活は丸2年で終わる予定で、今年の初めに日本に一時帰国したときに会ったほとんどの友人&知人たちには“今年の9月には本帰国するから!”と言い放ってきたし、9月初めのNY発の航空券まで確保していたものの、色々考えた結果、もうしばらくニューヨークに残ることに決めました。

私は学生ビザ(F1)を取得してアメリカに滞在しているのですが、専門のプログラム終了後、F1ビザのまま、OPT(Optional Practical Training)というプログラムに任意で申請すると1年間給与をもらって働いてもよいという資格が与えられます。せっかくアメリカで働くチャンスがあるのだから、アメリカでしかできないような経験を積むことも重要なのではないかと考えるに至りました。OPTの申請は無事通ったのですが、肝心の仕事探しはこれから。言葉の問題もあるし、思うような仕事を見つけることができるのか、不安は大きいですが、できるだけの努力はしようと思っています。

ちょうど1年前のログで、“1年目もあっという間に過ぎていったけど、きっと2年目は1年目以上に早く過ぎていくんだろうな~”と書いていますが、まさにその通り。2年目は弾丸のようにあっという間に過ぎていった!何もかもが新鮮だった1年目に比べると、2年目は行動範囲や交友関係を広げつつも、もう少しじっくりと物事を見たり感じたりできるようになったかなと思います。

あと何ヶ月ニューヨークにいるのか、今のところまだ不明ですが、本当にこれが最後の年になると思うので、今まで以上に充実した日々を過ごしていけたら、と思います。

皆様これからもどうぞよろしくお願いします。
[ 2007/08/17 13:43 ] 日々の生活 | TB(0) | CM(2)

いらない洋服は月曜日のグリーンマーケットへ!

Material_Mondays.jpg

私がニューヨークに来てそろそろ2年になりますが、2年も住むといらない洋服もだいぶたまってきました。単に捨てるのはもったいない、どこかに寄付するかリサイクルに活用できないか?と探したところ、ユニオンスクエアのグリーンマーケットに毎週月曜日にいらない洋服や繊維製品をリサイクル用に引き取ってくれるブースがあることを知り、今日早速行ってきました。私が持っていったのは大き目の紙袋1袋分。到着するやいなや、混んでいたわけでもないのに、中身の確認もせず“Thank you”と言われただけで終了。もっとじっくりそのブースの様子を観察したかったのに、ちょっとあっけなかった。。。

ニューヨーク市環境協議会によると、洋服、帽子、靴、コート、タオル等を含む繊維製品は100%リサイクル可能にも関わらず、ニューヨーク市の一般廃棄物全体の5.7%を占めるそう。この数字を減らすための夏限定(8月27日まで)の試みのようです。
[ 2007/08/14 12:52 ] 環境&エコロジー | TB(0) | CM(4)

食育の場としてのファーマーズ・マーケット-Farmer's Market Nutrition Program

このブログでも何度も紹介しているファーマーズ・マーケット。
ファーマーズ・マーケットが生活圏内にあるということは、新鮮な地元産の野菜や果物へ“アクセス”があるということで、野菜や果物の摂取を増やす支援していく上で重要な要素のひとつ。つまり、売っているから手に入れることができる。売ってなければ手に入れたくても手に入れることができない、もしくは手に入れにくい。
CUFMNP2.jpg


でも、新鮮な野菜や果物を手に入れたとしても、どうやって食べたらいいのかわからない、色々な野菜を食べる為になにをどう組み合わせてたべたらいいかわからない、といった問題を抱える人もいます。またどうやって食べたらいいかわからないから、近所にファーマーズ・マーケットがあってもそこで食物を購入しないという人もいます。

そのような人々を支援する手立ての1つとして、ニューヨーク市内にあるコーネル大学Cooperative Extensionでは、ファーマーズ・マーケット内で栄養・食教育を行う“Farmer's Market Nutrition Program(FMNP)"を毎夏開催しています。

このプログラムの目的はニューヨーク市民のファーマーズマーケットでの野菜・果物の購入を推進し、さらには野菜・果物の摂取量そのものを増やすこと、そしてファーマーズマーケットに参加している農家のサポートをすること。ターゲットは野菜や果物の摂取量を増やす必要性の高い、WICプログラム(Women, Infants, and Children。低所得層の妊婦、授乳婦、乳児、5歳以下の幼児を対象とした特別補助食料プログラム)参加者をはじめとする低所得世帯の人々。そういった人々が多く住むエリアを中心にニューヨーク市内合計12箇所のファーマーズ・マーケット(マンハッタン4、ブロンクス3、ブルックリン3、クイーンズ2)にてこのプログラムは実施されています(2007年度)。今回は同じプログラムの友人がボランティア・スタッフとして働いている、東99丁目とマディソン・アベニューの角にあるMt. Sinai Hospital Farmers' Marketへ見学に行ってきました。ちょうど高級住宅地アッパーイーストとNY市で最も肥満率の高いエリアの1つイーストハーレムの境に位置します。
CUFMNP1.jpg

[ 2007/08/10 13:41 ] アメリカの栄養&食 | TB(0) | CM(0)

SNE 2007 Annual Conference

シカゴ旅行の本来の目的は学会参加!なので簡単に報告を。
今回参加したのはアメリカの栄養教育学会(Society for Nutrition Education)のAnnual Conference。テーマは“Exploring Nutritional Bio-Optimism”(栄養学的なバイオ・オプティミズムの探求)。人々の栄養をよりよくしていくために、栄養教育として何をすべきか、どの方向に向かっていくべきか、について多くの議論がくり広げられました。
P1010041.jpg


[ 2007/08/09 02:26 ] アメリカの栄養&食 | TB(0) | CM(0)

公園でバーガーとビールを楽しむ@Shake Shack

学会から帰ってきた次の日は、ちょうどお仕事がお休みのM子さんとMadison Square ParkにあるShake Shackへ。行列必須!と聞いていましたが、1時ごろ行ったにも関わらず、タイミングよく人が少なめの時に列に並んだみたいで、待ち時間は20分程度でした。混雑時は1時間待ちもザラだそうです。
ShakeShack1.jpg


[ 2007/08/03 13:14 ] レストラン&カフェ | TB(0) | CM(0)

シカゴ旅行記

まずはシカゴ滞在中に食べたもの!事前にシカゴ出身の友達におすすめレストラン情報を教えてもらったおかげで計画的においしいものを食べ歩くことができました(Thanks Jenn!)。

シカゴスタイルのディープディッシュピザ@Lou malnati's。ピザ版キッシュという感じ。サイズは小さいのに、深みがある分具がたっぷりなので、おいしかった~。見た目以上にボリュームがあって、最後食べ切れなかったのが悔やまれる。
            deepdishpizza.jpg


ポークリブ@Carson's。シカゴはリブも有名だそう。写真の手前に写っている、無造作にお皿に乗っているのがポークリブ(ハーフサイズ)。他にシーフードグリル、シーザーサラダ、ベイクドポテトなど。リブも他の料理も“アメリカンな味”でおいしかった。
Rib.jpg


ミシガン湖に面した埠頭にあるNavi Pierというところのフードコートで食べたシカゴスタイル・ホットドッグ。みじん切りの玉ねぎ&ピクルス、トマト、パラペーニョ、おっきなピクルス、と具沢山なのがシカゴスタイル。
20070804093925.jpg


特別シカゴスタイルの何かがあるってわけではないけれど、ホテルのコンシェルジュに教えてもらったカジュアルイタリアン@Quartinoもなかなかよかった。テラス席でワインを飲みながらタパスとパスタを食べる、その雰囲気がとても気持ちいい!
P1010082.jpg

[ 2007/08/02 13:27 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

提出!

070801.jpg

本日シカゴ滞在最終日。
学会は3日間で終わるんじゃないかという内容を5日間もかけて行っている感じなので、シカゴの街にくりだしたり、湖の近くのピアまで行ったり、学会以外の時間もなかなか楽しい時間を過ごすことができました。NYに比べてきれいでゴミゴミしていなく、自然も多く、住んでもいいなーと思える街。

そんな合間に今学期最後のペーパーの最終仕上げをし、先ほどメールにて提出しました!今学期も無事終わり。そしてこの2年間のプログラムも無事終わり。たいした達成感もなく、まったく感慨深くもなく、これで卒業だーなんて実感も全然ありませんが、単位を落とすとかよっぽどのことがない限り、一応これで卒業。でも卒業証書は9月発行だし、卒業式は来年の5月だし、これといって卒業の節目を感じるようなイベントもないので、なんだか変な幕切れ。

明日から、ペーパーにもリーディングにも追われることなく毎日を過ごせるのね、と思うと嬉しい反面、何しよう?と思ったり。とりあえず8月は思いっきり遊びたいなーと。NYフレンズの皆様遊んでね。

[ 2007/08/02 05:18 ] 学校生活 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
アクセス数
チーム・マイナス6%

banner_rectangle.jpg

プロフィール

Kumi

Author:Kumi
2005年から約2年半ニューヨークに留学していた時のブログです。
現在は日本在住のため定期的には更新していませんが、旅行でまたNYに行く機会があれば突然アップするかもしれません。
ご意見・お問い合わせはkumislogny☆gmail.com(☆→@に変更してください)までお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。