スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長崎の郷土料理―卓袱(しっぽく)料理

無事にNYに戻ってきました☆
今回の一時帰国の目的は長崎での仕事だったのですが、初長崎、というか九州初上陸でした。3日間という短い滞在で、しかも仕事メインで観光はほとんどできず。そんな中で印象に残っているのが、長崎の郷土料理である卓袱(しっぽく)料理をいただいたことです。
20070925232441.jpg



スポンサーサイト
[ 2007/09/26 13:43 ] 日本の栄養&食 | TB(0) | CM(2)

餃子で祝う初節句

20070218170131.jpg

昨年お食い初めに参加させてもらったHちゃん宅で、ちょっと早めの初節句のお祝い、、、ということで餃子パーティーに招かれました。

初節句になぜ餃子!?と思われるかもしれませんが、たまたま今日は旧暦の大晦日。中国東北部では大晦日は家族が集まって、山盛りの餃子を食べるというならわしがあるそうです。

今日の餃子作りの教科書となったのが、ウー・ウェン著「家族をつなぐ餃子の時間」。この中にとても素敵な言葉が書いてありました。
        20070218171237.jpg


[ 2007/02/18 13:09 ] 日本の栄養&食 | TB(0) | CM(0)

お食い初め

okuizome.jpg


今日は生後3ヶ月の赤ちゃんがいるHちゃん宅で、“お食い初め”の儀式?に参加してきました。“お食い初め”という言葉は見たり聞いたりしたことはあったけれど、実際に参加するのは初めて。通常は家族や親戚で行うものらしいのですが、ここは家族や親戚とは遠く離れたNY、ということで声をかけていただきました。

“お食い初め”とは、子供が一生食べ物に困らないように願いをこめ、生後100日目の赤ちゃんに食べ物を食べさせるお祝いの儀式。この時初めて母乳以外の食べ物を口にします。口にするといっても、さすがにいきなりは食べられないので、食べるマネをするだけ。

初めて口にする(触れる)食べ物の内容はというと、鯛、すまし汁(今回は野菜スープ)、煮物、香のもの、赤飯の一汁三菜。本格的な食べ方の順番は、飯、汁、飯、魚、飯の順に三回食べさせるマネをするそうです。さらに丈夫な歯が生えるように、歯固めの小石に触れた箸を赤ちゃんの歯茎にあてます。

これがこれからやってくる長い人生の食の出発点なのかと思うと感慨深かったです。たくさんおいしいものを食べて元気に健やかに育ってほしいなぁと思います。こういう古きよき日本の伝統を大切にしていきたいですね。

*参考ウェブサイト*
All About お食い初め

[ 2006/10/07 23:17 ] 日本の栄養&食 | TB(0) | CM(0)

日本で食べたもの!

日本の食べ物はやっぱりおいしいですね~。
お気に入りのものからお初のものまで、今回の一時帰国で食べた食事やスウィーツの一部をご紹介。

マッシュルームとチキンのサラダ@アフタヌーンティー。
ここに来るといつもこれを頼んでしまいます。
japan2006_1.jpg

[ 2006/03/21 23:46 ] 日本の栄養&食 | TB(0) | CM(0)

一日遅れの小豆粥

060116.jpg

今日、1月16日(第3月曜日)はアメリカではMartin Luther King Jr.'s Day(キング牧師の誕生日)で祝日。私にとっては冬休み最後の日。

きのう、1月15日といえば日本では小豆粥。1日遅れてしまいましたが、七草粥に引き続き作ってみました(写真)。


[ 2006/01/16 23:02 ] 日本の栄養&食 | TB(0) | CM(0)

NYで作る七草(?)がゆ

060107.jpg
1月7日と言えば七草がゆ。七草がゆとは、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケリザ、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)の七草が入ったかゆを食べて無病息災を願う、古くは平安時代から伝わる風習。また、新年のごちそうで弱った胃腸を休め、野菜が乏しい冬にビタミン、ミネラルの豊富な七草で栄養のバランスを整え、平常の食生活に戻す区切りとなる、いう意味もあります。

七草にはそれぞれ意味があります。
 セリ … 競り勝つ
 ナズナ … なでて汚れをはらう
 ゴギョウ … 仏体
 ハコベラ … 繁栄がはびこる
 ホトケノザ … 仏の安座
 スズナ … 神様を呼ぶ鈴
 スズシロ … 汚れのない純白さ

せっかくなので七草粥を作ろうと思い、「七草セット」を求めて日本食スーパーに行ったのですが、そんな気の利いたものはやっぱりない…。七草のうち、店頭に並んでいたのはかぶと大根のみ。でも大根は葉が付いていなかったので、かぶを購入。かぶだけではさみしいので他に緑色でお粥に合いそうなもの、ということで、いんげん。“なんちゃって”七草がゆだけど、十分七草がゆを食べている気分を味わうことができました。

七草がゆに限らず、日本にいたときは当たり前すぎた習慣や行事について、実はあまりよくわかってなかったということがしばしばあります。日本を離れて、自分で生活するようになって、改めて気づく日本の文化の奥深さ。これからもどんどん“気づいて”いきたいです。

*参考ウェブサイト*
キッコーマン 七草粥の豆知識
http://www.kikkoman.co.jp/homecook/college/10shoga/nanakusa.html
タイガー魔法瓶 春の七草がゆを作る
http://www.tiger.jp/life/scene7/special_edition2_1.html
[ 2006/01/07 23:29 ] 日本の栄養&食 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
アクセス数
チーム・マイナス6%

banner_rectangle.jpg

プロフィール

Kumi

Author:Kumi
2005年から約2年半ニューヨークに留学していた時のブログです。
現在は日本在住のため定期的には更新していませんが、旅行でまたNYに行く機会があれば突然アップするかもしれません。
ご意見・お問い合わせはkumislogny☆gmail.com(☆→@に変更してください)までお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。